検索
  • marrydesigns

海外ウェディングについて


マリーデザインオリジナルの海外でのフォトウェディングプランのおすすめです。

今年に入ってからの1月、米カリフォルニアへウェディングフォトの撮影とハネムーンのサポートで行って来ました。

今回は私たちの視察も含めての1回目ということもあったので、そこにお付き合いをしてくださるという意味も含めての特別プランでモニターを募集し、縁あってご応募くださった関東在住のお客様と一緒に行ってきました。

カリフォルニアというと一年を通してほぼ晴天で、サーフの聖地とも言われているほどのビーチも有名で、ザ・リゾート地!!というところなのですが、まさかの私たちが行った時は5年?ぶりの雨で嵐が来るかもしれないとのニュースでかなりドキドキでした・・・

結果的にほぼ毎日雨は降って、帰国する日に晴天になるというレアな?旅になってしまいました^^;

(これは本当に稀なケースです)

そんな天候に左右された旅になってしまったので、毎日パートナーと夜に計画を練り直しながらあれこれ想定をして準備をして毎日撮影していました。

新郎新婦さんは寒い中ドレスや薄着で本当に大変だったと思います・・・

そしてここは、サンタバーバラという今回の旅の一番の目的の場所でした。

こんな風に、ダウンタウンの道路でも写真を撮りましたよ!

何回も信号が青になるたびに行ったり来たりして、撮影の仕方は日本とあまり変わらない・・・

みんなで笑いながら撮影して、途中コーヒーショップで休憩したりと、すごく楽しかったです。

この街はロサンゼルスから車で約2時間ほど走った場所にあるのですが、全米一美しいと言われていて、治安も良い人気の街です。

スペインの修道士たちが移住してきて(植民地だった)栄えた街ということもあり、スペイン風のコロニアルなデザインで街が統一されています。

高層建築も制限されていて、どこを見ても建物は白い壁にスペイン瓦の外観で、まるでヨーロッパの古い街に入ったようでした。

街の中は交通量も少なく、人も優しくて街並みは美しく、穏やかな静かな街でしたよ。

上のこの写真はすごく素敵ですが、やはりニュースになるくらいのおかしな天候の数日だったので実際はものすごい強風と寒さでみんなで震えながら撮ってました・・・

そしてこの教会はサンタバーバラミッションという、1786年にスペインの修道士たちによって建てられた歴史あるとても有名な美しい教会です。

サンタバーバラというと、この教会がとても有名で街のランドマークになっています。

今もフランシスコ修道士が駐在していて活動をされている教会です。

植民地時代の芸術や彫刻、美しい礼拝堂が本当に本当に素晴らしかった!

もちろん、晴れ間をみてビーチでも撮影を。

美味しいシーフードやローカルフードもたくさん食べました!

ハネムーンを兼ねてなどの海外ウェディングを専門で取り扱っているところは実際少なく、色々な制限もあると思います。

特に地方などは、海外ウェディングとなると専門の会社が少ないのでまずは旅行会社に行って、そこから大手のウェディング専門のところと複数打ち合わせをしてプランを決めて、現地で集合、という風だったと思います。

私たちの提案する海外ウェディングは、日本で行うフォトプランの価格とほぼ同じでできるところ(旅費は別で渡航時期によって変動あります)、クオリティが高いところ、画一的なプランではなく自由なオリジナル性があるところです。

LA出身のアメリカ人パートナーがチームにいるので、渡米しても地元の人しか知らない特別な場所や、撮影するための許可が取りやすいところ、土地勘がある為イレギュラーなことがあってもフレキシブルに対応できるところ、そして日本で私たちと顔を合わせて直接全ての打ち合わせをすることができます。

通訳や移動の運転、レストランやヘアメイクの予約やサポート、ホテルのチェックインやチェックアウト、ショッピングなど、通常だと運転手は運転手、通訳は通訳の人、他サポートは専門のガイドさんを、というようにそれぞれの専門の方を現地で雇わなければならないのが普通のところ、それは全て私たちが対応できるので人を挟まないぶん、費用もリーズナブルです。(ここ一番のポイントだと思います!)

(この方がパートナーのアメリカ人フォトグラファーです。変な写真ですみません・・必死で撮ってます。彼の真剣さが伝わるかと思って・・。彼は出発するまでの数ヶ月も現地についてからも、本当に一生懸命現地の色々な方と連絡を取り合って毎日私とミーティングを重ねて真剣に仕事をしてくれました!)

気になるドレスや小物なども、弊社オリジナルブランドのアンティークな雰囲気のドレスやビンテージドレス、海外インポートドレスの中から多数選べてケアなども安心ですし、一番大事な撮影のディレクションも日本から同行して私たちが行うのでセンスやクオリティ、リクエストの対応なども心配ありません。

結婚し特別な休暇をとってハネムーンやウェディングフォトを海外で楽しむ為に、私たちがお手伝いできることがたくさんあります。

ぜひ一度お問い合わせくださいね。


0回の閲覧